スイッチャー調整機器

ATEM 2 M/E Broadcast Panel

更新日:

レンタル価格 1日税別60,000円

ATEM 2 M/E Broadcast Panelは、すべてのコントロールを完璧な位置に配置!

ATEM 2 M/E Broadcast Panelは、最も複雑なライブ放送イベントにも対応できるパワフルなパネルです。見た目が美しいだけではなく、すべてのコントロールが必要な場所に完璧に配置されており、複雑なマルチレイヤーのライブプロダクションでも究極のクリエイティビティを実現できます。2 M/Eスイッチャーの機能ごとに個別のコントロールセクションがあるため、必要なコントロールをすぐに見つけられ、すべて指先に配置されています。

より高速なライブプロダクションを実現するハードウェアパネル!

ATEMパネルで、簡単で楽しいライブプロダクションを実現!

ソースの選択

カメラを瞬時に切り替えてオンエア!
ATEMプロダクションスイッチャーを使用すれば、最先端のライブスイッチングワークフローを実現できます。スイッチャーコントロールパネルに個別に搭載されたプログラム/プレビューバスを使用し、放送中のソースをすばやく正確に切り替えられます。プレビューバスで選択された画面はプレビュースクリーンに表示されるので、次に放送される画面を確認してからCUT/AUTOボタンを押してオンエアできます。プログラムバスでソースを変更すると、瞬時にオンエア映像が切り替わります。

トランジションコントロール

好みに応じたトランジションを選択!
ATEMハードウェアコントロールパネルで、トランジション全体をコントロールできます。専用ハードウェアパネルは、すべてのクリエイティブなトランジションを簡単に実行でき、ATEM Software Controlと同様のカット/ミックス/ワイプトランジションが可能です。直接カットしたり、MIX/WIPEボタンやフェーダーバーを使用したり、またはAUTOボタン押すことで、選択したトランジションをトリガーできます。ATEM Broadcast Panelでは、必要なボタンが指先に配置されているため、正確なスイッチャーコントロールが可能です。

トランジションスタイル

ボタン1つでトランジションを実行!
ATEMは多様なトランジションスタイルに対応しており、それらのコントロールオプションも豊富です。CUTボタンを押せば、ソースからソースへ瞬時に切り替わります。ミックス、ディップ、ワイプを選択すれば、さらに視聴者の目を引くトランジションが可能です。また、最先端のATEM 1 M/E、2 M/E、4 M/Eモデルは、プログラム可能なDVEおよびアニメーションスティンガーなどのエキサイティングなトランジションを使用できます。フェーダーバーを使用したマニュアルトランジション、あるいは滑らかなタイミングでトランジションできるオートトランジションを選択できます。

ワイプトランジション

簡単に実行できるスタンダードワイプ
ATEMハードウェアパネルは、高速かつフレキシブルなトランジションコントロールが可能です!ワイプのパターンを放送用パネルから直接選択し、それらをプロダクションのスタイルに応じてカスタマイズすることもできます。ワイプ、シンメトリー、ソフトネスはもちろん、カラーボーダーの幅およびソフトネスの調整や、ジョイスティックを使ったワイプ位置の設定も可能です。専用のジョイスティック、フェーダー、調整ノブで、ワイプパターンを正確にポジショニングできます。

DVEトランジション

美しいデジタルビデオエフェクト
ATEMハードウェアパネルは、DVEトランジション・オプションのスピーディかつ正確なコントロールが可能です!高品質のジョイスティック、ソフトノブ、キーフレームコントロールを使い、ライティング/ドロップシャドウ効果のついた独自のDVEムーブをすばやく作成できるので、アニメーショングラフィック合成の幅が広がります。さらにDVEキーモードをオンにして、高品質グラフィックをフレームに挿入したり、事前にプログラムしたプッシュ、スピン、スクイーズ、スウーシュ等のトランジションを選択することもできます。

マクロをカスタマイズ

ボタンを押すだけでマクロを実行!
ATEMハードウェアコントロールパネルを使用している場合は、スイッチャーのすべてのマクロにアクセスできるため、マクロをすばやく選択でき、ボタンを押すだけでマクロの記録/実行を完全にコントロールできます。スイッチングを行うハードウェアパネルからマクロを操作できるため、コンピューターを使用する必要はありません。マクロはスイッチャー自体に保存されるため、マクロを編集/修正すると、その変更は接続されたすべてのコントロールパネルに反映されます。新製品ATEM1 M/E Advanced PanelとATEM 2 M/E Broadcast Panelにはマクロ専用のボタンが搭載されているので、それぞれのボタンに異なるマクロを設定し、ボタンを押すだけでビデオソース間でカットするのと同様にマクロを簡単に実行できます。

キーヤーコントロール

グリーンバックを使った優れたキーイング!
ハードウェアコントロールはクロマキーに最適です。パラメーターを微調整してクリーンなキーエッジを得られ、シームレスなレイヤリングを実現できます。ATEMハードウェアパネルは精度の高いコントロールノブを搭載しており、完璧なクロマキーをすばやく正確に作成できます。指先で簡単に調整可能なコントロールにより、放送中に照明や影に変化があった場合でもライブキー設定を簡単に調整できるので、常に素晴らしい結果を得られます。

フェーダーバー

エキサイティングなマニュアルトランジション
素晴らしいライブパフォーマンスには、しばしばマニュアル操作のトランジションが求められます。人間工学に基づいて設計されたTバーがライブパフォーマンスの一役を担い、完璧なトランジションを可能にします!場合によっては、ライブイベントの雰囲気に応じてトランジションをカメラオペレーターやタレントと完璧に調和させる必要があります。スイッチャーはパフォーマンスの一部であり、プロダクションの進行に応じて指揮者のようにムードを盛り上げます。

オートトランジション

完全なオートトランジション
ATEM Broadcast Panelのフェーダーバーのすぐ下がAUTOトランジション・ボタンです。AUTOボタンを押すと、トランジション・ブロックで設定した次のトランジションがすぐに実行されます。オートトランジションは、ディゾルブ、キーイング、ワイプパターン、アニメーションDVE等を含むあらゆるトランジションを実行できます。オートトランジションの長さは事前に1〜250フレームで設定でき、カメラ間の継続的なスイッチングをスムーズに実行できます。

プレビュー・トランジション

トランジションを事前に確認!
すべてのATEMパネルには、専用のプレビュートランジションボタンが搭載されています。プレビュートランジションボタンを使用すると、プレビュー映像出力をマルチビュースクリーンに表示できるため、ライブでトランジションを準備する際、誤放送を防ぐのに役立ちます。プレビュートランジションボタンを使用することで、ミックス、ディップ、ワイプ、DVE、キーなど、最も複雑なトランジションを放送中のプログラム出力に影響を与えずに確認できます。

フェード・トゥ・ブラック(FTB)

放送用パネルのフェード・トゥ・ブラック・ボタンで、スイッチャーの全出力をコントロールできます!FTBを選択すると、プログラム出力は、事前に設定された速度で徐々に暗くなっていきます。FTBは、プロダクションの開始時、終了時、あるいはCMに切り替わる際のフェイドアウトに大変便利な機能です。FTBは、常にライブプログラム出力を上書きし、ボタンガードで誤操作を防ぐ設計であるため、意図した時にのみフェード・トゥ・ブラックを実行できるようになっているのです!

ジョイスティック

完璧なDVEコントロール
ジョイスティックを使用すると、まるでビデオゲームのように素材を画面上で動かすことができます!完全な3軸コントロールで、ワイプパターンのシンメトリー調整およびDVEのコントロールが可能です。ジョイスティックでのDVEコントロールは、ビデオにライブ映像を重ねる際に最適です。サイズの調整、上下左右のポジショニングを行って完璧なピクチャー・イン・ピクチャー・エフェクトを実現してください!ジョイスティックでDVEを動かして開始/終了のキーフレーム・スクリーン位置を設定し、独自のアニメーションDVEを作成することも可能です。

2台のATEMスイッチャーをコントロール

2 M/Eパネルは2台の1 M/Eスイッチャーを制御可能
ATEM 2 M/E Broadcast Panelは、1台のパネルで2つのATEMスイッチャーをコントロールできる優れた設計になっています。2つのスイッチャーを接続するだけで、パネルの各M/E列からそれぞれのスイッチャーをコントロールできます。つまり、スイッチャーのパワーを倍増でき、スイッチャー同士を接続して同時に起動すれば、独自のマルチM/Eスイッチャーを構築できるのです!

お問い合わせ、ご注文はこちら

-スイッチャー調整機器

Copyright© ストロベリーメディアアーツ , 2020 All Rights Reserved.